フィリピン不動産投資のご紹介


弊社では今後のフィリピン経済の発展、治安改善、ポピュレーションの増加、近代化を理由に、
2013年よりフィリピン不動産投資を積極的に行っております。



現在の弊社が投資する物件は優良デベロッパーが開発するプレビルド物件のコンドニウムを対象に分散投資しております。


デベロッパー:MEGAWORLD
エリア   :East Wood City 
物件名   :One East Wood Avenue Tower2 
完成予定日 :2019年

デベロッパー:ALVEO LAND
エリア   :Bonifasio Global City 
物件名   :VERVE2 
完成予定日 :2019年

デベロッパー:SHANG Propeties
エリア   :MAKATY CBD
物件名   :The Rise 
完成予定日 :2019年

デベロッパー:SMDC
エリア   :Bay shore
物件名   :S 
完成予定日 :2020年

デベロッパー:MEGAWORLD
エリア   :West Side City 
物件名   : Kingsford(hotel)
完成予定日 :2020年



各デベロッパーのセールスエージェントと綿密な物件購入の打ち合わせを行い、フィリピン不動産の購入プロセスを熟知し、
日本国内にいながらの物件申し込み、売買契約締結、支払いスキームの実行といったノウハウを学び得ております。
(実際のご購入前には現地環境や物件ロケーション等視察することをお勧めいたします。)

完成後、これらの投資物件を賃貸することで不動産収益事業を行いつつ、物件価値が高まったところで売却する事で
キャピタルゲインを得る事ができるビジネスモデルとなっております。

また、現在オフィス物件への投資案件を模索中です。
このように弊社がフィリピン不動産投資を実践する事で得たノウハウを酷使し、
お客様が海外の不動産資産を形成する際のご不安を解消された上で、
現地デベロッパーへと橋渡しをさせて頂きます。

 

⭐︎フィリピンプレビルド不動産購入の流れ


1.ご相談(無料)
2.エリア、デベロッパー、間取り、ご予算の決定
3.現地視察
4.購入物件の決定
5.支払いスキームの決定
6.物件残額の借入確認
7.申し込み
8.予約金支払い
9.頭金、及び頭金分割払い開始
10.売買契約書サイン(CTS)
(日本国内手続の場合は公証人役場でノタライズ後、フィリピン大使館でコンシュラライズが必要です。)
11.物件完成時または決められた決済日時に物件価格残額のお支払い
12.権利証の発行(CCT)
 

⭐︎コンドミニウム賃貸事業


ご紹介する物件デベロッパーには関連会社としてプロパティーマネジメント会社がありますので、
物件の賃貸付けを依頼する事ができます。
また、空室時にはAIR B&Bに登録する事で、短期収益を得る事もできます。
 

⭐︎キングスフォードホテル投資(完売)のメリット


1.経費を除いた収益を購入した平米数割合で分配されます。
2.年間30日間フリーで利用する事が出来ます。
3.世界有数のカジノリゾート一角に立地するため物件価値があります。

 

⭐︎オフィス物件投資のメリット


1.テナントがつく事で比較的長期安定した収益が望めます。
2.住居用ではフルファーニッシュが一般的ですが、オフィス家具なしの賃貸で追加投資がかかりません。


まずはメニューのコンタクト(お問い合わせ)からご連絡ください。
直接のお電話(代表 尾崎裕介 080-1222-2599)もお待ちしております。







 

ページトップへ